再建築不可な土地に気をつけるために事前に確認しよう

レディー

手をかけて生まれ変わる

室内

リフォームとの違いとは

最近、リノベーションという言葉をよく聞くようになりました。中古住宅や中古マンションを購入し、リノベーションすることで素敵に生まれ変わると、テレビや雑誌で特集が組まれています。リノベーションと似た言葉でリフォームがあります。リフォームとどのように意味合いが違うのか微妙な感じがしますが、実は国土交通省からの定義が存在します。リノベーションは、新築時の目論みに近づく様に修繕するリフォームとは異なり、新築時の目論みとは違う次元に改修すること(改修)です。似ている言葉ですが、改修と修繕という意味で違いがあります。リフォームは、一般的に小規模な工事を指しますが、リノベーションは建物に新たな付加価値を加えることです。リノベーションをすることにより、快適な住環境にすることが可能です。

長く快適に住むための工事

新築一戸建てや新築マンションを購入することはみなさん憧れがあると思いますが、やはり購入費用がかさみます。最近の新築マンションの価格高騰から、中古マンションが注目を集めるようになりました。自由に設計・デザインできる中古マンションのリノベーションは、新築にくらべ費用も抑えることができます。中古マンションの場合、玄関やバルコニー・窓のサッシなどは共有部にあたるため、規約により規制されている場合があります。工事前にきちんと確認しておくことが重要です。また、中古マンション購入前に建物の築年数や状態などをよく確認しましょう。1981年の耐震基準の改正以前に建てられたマンションの場合は、耐震補強がすでになされているか、確認することがとても重要です。