ハウスクリーニングなら手軽に開業できる!【需要急増中】

ハウスクリーニング業の開業!【フランチャイズの契約がオススメ】

需要の高まっている職種

近年、ハウスクリーニング業者を利用する人が急増してきました。それによって、ハウスクリーニング店の開業を検討している人も増えてきています。

開業時に必要な道具は沢山ある!

  • 雑巾
  • エプロン
  • へら
  • はたき
  • 洗剤
  • ブラシ
  • 腰袋
  • ほうき
  • ちりとり
  • スポンジ

ハウスクリーニングなら手軽に開業できる!【需要急増中】

掃除

資格は必要ナシ!

ハウスクリーニング業者を開業する際に必要な資格や申請するべき許可事項がありません。そのため、誰でも手軽に参入できる事業として人気が高まっているんです。また、共働き世帯や高齢者世帯がハウスクリーニング業者を利用する機会がふえているため、開業時に集客が見込めるみたいですよ。

「競業避止義務」ってなに?

フランチャイズ会社が提示する契約書のほとんどに記載されているのが「競業避止義務」というものです。この競業避止義務は、「社員が在籍中に同業の会社でアルバイトをすること」と「社員は退職後他の同業企業へ転職すること」を禁止している事項です。そのため、社員雇用契約書には、競業避止義務に沿った内容を記載しなくてはなりません。

事前に確認しておこう

フランチャイズ契約をした後には、資材費やロイヤリティ料などさまざまな費用がかかってきます。そのため、事前に企業と話し合いをして料金の目安などを契約前に把握する必要がありますよ。

トラブルを未然に回避

フランチャイズ契約をする人が増えたと同時に、企業とトラブルを起こしてしまう人も増えています。その多くが規約違反です。フランチャイズ契約をすると企業秘密にしている技術を教えてくれます。そのため、沢山の規約があるんですよ。相手側とトラブルを起こさないためにも、規約内容にしっかり目を通す必要があるんですよ。

フランチャイズ会社を選ぶポイントをランキング形式で紹介☆

no.1

提供してくれる技術とサポート内容

フランチャイズ会社によってサポート内容や提供してくれるノウハウが異なります。そのため、事前のその二つをしっかり確認しておきましょう。そうすることで、条件に合った企業を効率的に探せますよ。

no.2

費用

契約金はフランチャイズ会社によって変わってきます。また、毎月企業へ支払う金額も異なってくるんですよ。企業によっては提供してくれる道具も違うので、初期投資の金額を計算して比較するのがお勧めです。

no.3

評判

フランチャイズ契約を行なっている企業の評判を確認することで、企業が提供してくれるサービスやサポートの質をチェックできます。企業の評判なら、ネットで優良フランチャイズ企業の口コミを記載しているサイトに目を通すといいでしょう。

広告募集中